期間

インプラントの治療期間は、上の歯で4〜6ヶ月、下の歯で3ヶ月くらいです。インプラント治療では、一度の手術ですべてが完了するわけではありません。インプラントのネジ(フィクスチャー)が骨としっかり結合するまで、下顎で3ヶ月以上、上顎で6ヶ月以上の待ち時間を必要となります。 (下顎よりも上顎の骨のほうが軟らかく結合しにくいので、長い治療期間を必要とします) また、骨を造る治療が必要となった場合には、さらに半年以上かかることがあります。

1.フィクスチャー埋入
顎の骨に人口歯根を植える手術。 始めに、歯根の部分を植立します。
2.安定するのを待つ
傷口が回復し、人工歯根が顎骨と結合するのを待つ期間です。 傷口を消毒するために通院します。
3.連結台と人口歯を付ける。
安定したフィクスチャーに人口歯を連結する手術をします。

インプラントの利点を考えると、治療費の問題だけであきらめてしまうのは残念な気もするのです。また支払った治療費などは医療費控除の対象となるようですので確定申告を行なうことである程度の金額のお金が戻ってくる場合もあるようです。インプラント治療は、保険治療外となっているようですので、自費治療となるようです。上部構造の素材によって料金は変動するようです。

インプラントの治療費といった場合に、フィクスチャーの費用のみで、上部構造は別という場合もあるようですので総額いくらか?ということを必ず確認するようにしましょう。インプラント治療を成功させる為にはお口全体から考えなければならない事は他のページでも述べているようです。

コンテンツ一覧

当サイトについて

インプラント治療費インフォへようこそ。運営者ののりたです。

歯を失った時の治療方法の一つであるインプラントについて、その中でも治療費についての情報を掲載しています。