自由診療

インプラントの場合は、健康な他の歯に何の影響も与えずに失った歯の修復が可能となっています、例え、十数年経ってインプラントがダメになったとしても、両隣在歯は健全歯のままであり、骨のできるまで待てば、再度インプラントを施すことが可能となっています。最初は高い治療費のかかるインプラントですが、丈夫なうえに他の歯を傷つけることがないので、長い目で見るとそれほど高い買い物ではないようです。また2度目の治療でも、両隣在歯は、健全のまま残せるようです。

インプラント治療に限らず歯科の自費診療の治療費は歯科医院によって異なるようです。このことが歯科治療を受診しようとしたときに混乱する一つの原因であるともいえるようです。歯科医として、患者様に少しでも多くの健在歯を残し、健康な歯で一生を送っていただくためにも、できるだけ安価にインプラント治療を受けて頂けるよう努力している所もあるようです。

インプラントは10年程度が寿命といわれていたようですが、現在では半永久的に使用することが可能となっているようです。それに比べ入れ歯やブリッジは歯茎や顎の骨の退化によって合わなくなり、新しく作り直さなくてはならないこともしばしばです。医院によってインプラント等の自由診療の治療費は様々ではあるようですがインプラント治療を受けるならば、忘れてはいけないのが、医療費控除なのです。

結果的に高いコストがかかってしまうことも少なくはないようです。初期費用が高いためなかなか踏み出せないという気持ちも分かりますが、現在、余裕があるのであればインプラントの選択を推奨出来るようです。医療費控除とは、年間の医療費が10万円以上かかった人に関して、一部優遇される制度となっているのです。インプラント治療を受けたらまず医療費は10万円を超えます、医療費控除をしっかり申請するようにしましょう。 。

コンテンツ一覧

当サイトについて

インプラント治療費インフォへようこそ。運営者ののりたです。

歯を失った時の治療方法の一つであるインプラントについて、その中でも治療費についての情報を掲載しています。